月別アーカイブ: 2017年1月

伊豆新聞に掲載されました

伊豆新聞に掲載 平成29年1月28日(土)付

参道の白蛇、昇り竜の巨大壁画が完成しました。

20160128伊豆新聞

記事

境内に「金運の蛇石」をまつる東伊豆稲取の清光院(菅原大道住職)の参道にこのほど、白蛇と昇り竜を描いた巨大な壁画が完成し、参拝者らの目を引いている。

同院は約70年もの間無住だったが、菅原住職が2014年に就任し、地域に親しまれ、人々が集う寺を目指して伽藍(がらん)の再整備を進めている。壁画は「石階段を69段昇って訪れる参拝者の負担を減らせないか」と菅原住職が知恵を絞る中で思いついたアイデア。河津町見高にある真乗寺の本堂欄間に昨秋、河津桜の絵を描いた静岡市駿河区の画家綺爽(きさ)聖昭さんに、同寺住職の仲介で制作を依頼し、綺爽さんが年明けから一気に描き上げた。

参道わきのコンクリート擁壁に描かれた壁画は延長約50メートルで、最も高い個所の高さ4メートル。白と黒の特殊な塗料で、白蛇と竜が互いにからみ合って天に昇るさまを描いた。その大きさと絵図は迫力いっぱいで、参拝者が白蛇と昇り竜に乗って気分も高揚し、足取り軽く参道を登り切ることができるようにした。

菅原住職は「白蛇と昇り竜が参拝者のパワーとなって運が開ければ幸い。これからも地域の人々に親しまれるお寺を目指していく」と話した。

(伊豆新聞掲載記事)

壁画 昇白蛇・白龍図完成

美術家綺爽聖昭さまによる昇白蛇・白龍図完成のお知らせ

先週より取り掛かっておりました清光院階段横の壁画、無事完成しました。

ものすごい迫力です。

上がってこられる参拝者の方々がものすごくパワーをいただけるのではないか、また遠方の方々もたくさん見に来ていただけると確信しております。これだけ大きい壁画はそうはないと思います。

お近くにお寄りの際には是非お立ち寄りください。

*綺爽聖昭(きさ せいしょう)
美術家。
寺院の襖、衝立、掛軸等、仏画、肖像画を中心に絵画、彫刻、修復等様々な手法で制作を行っている。
ノーベル物理学賞を受賞した名古屋大教授天野浩さん(55)=浜松市中区出身=をたたえる記念碑を2016年1月に制作。
碑名は「THE LIGHT OF CREATION(創造の光)」。
静岡市在住。
20170121hinasyuin

雛のつるし飾りまつり期間限定御朱印のお知らせ

1月20日より3月31日まで雛のつるし飾りまつり開催中。

まつり期間限定で、当寺院と済広寺(かやの寺)では期間限定の御朱印をご用意して皆様の参拝をお待ち申しております。

また、2つの寺院でコラボしたパワー&金運お守りを(数に限りがございます。お早めにどうぞ)若干ですが分けていただきましたので併せてどうぞ(2人の住職によりご祈祷済みです)。価格は600円(かやの寺でも販売しています)。

当寺院でも1年通じてつるし雛をお飾りしておりますので併せてご観覧ください。

宜しくお願いします。

20170116階段3

清光院階段横壁に巨大(50m超)壁画を制作中

一昨日より清光院階段横の壁に昇り白龍&白蛇の巨大壁画(50m超)を静岡市駿河区の美術家綺爽聖昭さまにより描いていただいております。
階段の上がり下りは大変ですが、参拝者の方々が少しでも明るい気持ちで上がってこられますよう、また白龍&白蛇からたくさんのパワーをもらえるようにとの思いからです。
白龍と白蛇が交わりながら昇って行く姿は圧巻で、唯一無二の大変素晴らしい作品になること間違いありません。完成が楽しみです。是非ご観覧ください。

20170116階段1

20170116階段2

びゅう 掲載

びゅう「伊豆箱根湯河原へ」2017/1/1~3/31版 に掲載

掲載ページ

びゅう「伊豆・箱根・湯河原へ」(株式会社びゅうトラベルサービス 2017/1/1~3/31版)の東伊豆エリア 中段 「INFORMARTION」に掲載されました。

掲載概要

びゅう商品でご宿泊の方限定のびゅう商品特別企画「雛のつるし飾りまつり期間限定お守り」清光院の「金運守り」と、雛のつるし飾りまつり限定の御集(御朱) 1/20~3/31

201701viewizuhakone2

新年のご挨拶

謹賀新年
新春を迎え皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

昨年は、大変お世話になりありがとうございました。
本年も昨年同様のご厚情を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

平成29年元旦